ai dental clinica

歯を失った時の治療法 入れ歯・ブリッジ・インプラント

歯を失ったときの選択肢としては、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントがあります。
それぞれの治療法の特徴をよく理解し、ご自身の症状とご希望にもっとも合う治療を受けてください。

入れ歯(義歯)

保険を使用できる部分入れ歯と総入れ歯

プラスチックと金属のバネで作成する一般的な入れ歯です。

部分入れ歯 総入れ歯

いろいろな入れ歯(こちらの入れ歯は保険適用外になります)

ノンクラスプ デンチャー

ノンクラスプ デンチャーと呼ばれる金属のバネを使用しない部分入れ歯です。 審美性はもちろん、機能性の面でも通常の部分入れ歯よりも優れています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーの特徴

  1. 弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
  2. 装着したときは入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別がつきません。
  3. 金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。
金属床義歯

金属床義歯は、保険適用外の入れ歯です。

金属床義歯

金属床義歯の特徴

  1. 金属床義歯は薄くすることができるため、違和感が少なくなります。
  2. 熱を伝えやすいため食事の暖かさや冷たさを感じることができます。
  3. チタン床義歯は非常に軽く、金属アレルギーの心配もないのが特徴です。

ブリッジ

ブリッジとは両隣の歯を削り、人工の歯をかぶせる治療法です。

ブリッジ

金属床義歯の特徴

  1. 金属床義歯は薄くすることができるため、違和感が少なくなります。
  2. 熱を伝えやすいため食事の暖かさや冷たさを感じることができます。
  3. チタン床義歯は非常に軽く、金属アレルギーの心配もないのが特徴です。

インプラント

インプラントとは、失ってしまった自分の歯の替わりに、 人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。

インプラント術前

↓

インプラント術後

インプラントの特徴

メリット
ご自分の歯と同じように何でも噛むことができます。
隣の歯を削ったり、負担をかけることがありません。
固定式のため、入れ歯のように取り外す必要がありません。
外見上もご自分の歯と同じように自然に仕上げることが可能です。
デメリット
保険が適用できないため高額。
外科的な手術が必要となります。
入れ歯やブリッジよりも治療期間が長い。

お電話の方は0466-23-0999までご連絡ください。