入れ歯・ブリッジ

入れ歯治療を検討中の患者様へ

歯を失ったときの選択肢として、入れ歯(義歯)やブリッジ、インプラントがあります。
それぞれの治療法の特徴をしっかりと理解し、ご自分に合った治療を受けるようにしましょう。

また、お問い合わせやご相談はお電話でもお受けしています。
そのほか、医師としっかり話したうえで判断されたい方はお気軽にご来院ください。

こちらでは義歯(入れ歯)とブリッジについてご説明します。



当院で扱う入れ歯治療の特徴について

【保険を使用できる部分入れ歯と総入れ歯】

こちらはプラスチックと金属のバネで作成する一般的な入れ歯です。

部分入れ歯

欠損部(抜いた歯や抜けてしまった歯)を補うための入れ歯になります。

【特徴】

  • 1.  保険を適用しての治療が可能です。(保険適用外の部分入れ歯もあります。)
  • 2.  ブリッジのように歯を削る必要がありません。
  • 3.  毎日ケアする必要があります。
  • 4.  金属のバネで固定するため、異物感があり、外見上目立ちます。
  • 5.  土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。

総入れ歯

調整がしやすく、一般的に使われている入れ歯です。

【特徴】

  • 1.  保険を適応しての治療が可能です。(保険適用外の総入れ歯もあります。)
  • 2.  毎日ケアする必要があります。
  • 3.  熱が伝わりにくく異物感を感じる場合があります。


【保険適用外の入れ歯の種類】

金属床義歯

金属プレートを加工した、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。

【特徴】

  • 1.  金属床義歯は薄くすることができるため、装着時の異物感が軽減されます。
  • 2.  熱を伝えやすいため、食事の温かさ・冷たさを感じることができます。
  • 3.  生体親和性に優れた金属であるチタンを使用した義歯は非常に軽く、金属アレルギーの心配もありません。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプ デンチャーと呼ばれる金属のバネを使用しない部分入れ歯です。
審美性はもちろん、機能性の面でも通常の部分入れ歯よりも優れています。

【特徴】

  • 1.  弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
  • 2.  装着したときは入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別がつきません。
  • 3.  金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

コンフォート

コンフォートとは、
入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコーンというクッション材で覆う特殊加工技術です。

【特徴】

  • 1.  コンフォートは現在利用されている入れ歯や、これから新しく入れ歯を作られる入れ歯へ加工することができます。
  • 2.  生体用シリコーンによって、入れ歯の密閉性とクッション性を大幅に向上させることができます。
  • 3.  「はずれやすい」「痛い」「噛めない」といった従来の入れ歯の欠点を改善することができます。

ブリッジについて

ブリッジは両隣の歯を削り、人工の歯をかぶせる治療法です。

【特徴】

  • 1.   保険の適用が可能です。(ただし、入れ歯と比べて費用がかかります。)
  • 2.  金属のバネがないため、入れ歯よりも装着時の異物感が少なく、見た目も自然です。
  • 3.  入れ歯よりもしっかりと噛むことができます。
  • 4.  両隣の健康な歯を削らなければならず、入れ歯同様土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めてしまいます。

入れ歯治療を受けた後の注意点

入れ歯は治療費用の安い・高いに関わらず、治療後にはご自分の身体の一部としてしっかり使えるように“リハビリ”する必要があります。

そのため、入れ歯を作ったら、まずは積極的に作成した入れ歯を使い、身体に慣れさせましょう。

リハビリをして慣れなければ口に合わず、食事をうまく取ることもできません。自分にぴったりと合う入れ歯にしていくためにも、入れ歯を作った後のリハビリをしっかりと行っていきましょう。

ご不明点があれば、お気軽に当院へご相談ください。

あい歯科医院

所在地

〒251-0016 神奈川県藤沢市弥勒寺 3-12-15
0466-23-0999

診療時間

日祝
午前
午後

午前 / 10:00〜13:00 午後 / 14:30~19:30
休診日: 木曜・日曜・祝日
※受付時間19:00まで