予防歯科

予防歯科の考え方

歯医者といえば、“痛みが出てから行くところ”といったイメージを持っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、痛みが出てからでは治療期間が長引いたり、症状が進行して状態が悪化したりと、結果として患者様の負担の増える原因となります。

生涯をわたって健康な歯を残し、毎日の食事や会話を楽しいものにするためにも、歯科医院とご自宅で行うお口の健康管理が大切です。

「予防歯科」は歯科業界でこれまでサブとして扱われてきた分野ですが、治療を行う以前に、そもそも治療しなければならない状況を回避していくことが最も重要ではないでしょうか。

また、「全身の健康はお口から」と言うように、お口の健康管理は「全身の健康」に大きく影響するものです

そのため、当院では患者様の口内環境を良好な状態に整える“予防歯科”を最も重要な分野ととらえ、予防プログラムの推進とお口のトータルケアをご提供しています。

プロフェッショナルケアとホームケア

生涯にわたって健康な歯を維持していくためには、「プロフェッショナルケア」と「ホームケア」の両立が重要です。

プロフェッショナルケアとは歯科医院で行う予防処置のことであり、当院ではPMTC(プロによるお口のクリーニング)を中心に、歯磨きだけでは取り除くことのできない歯石やバイオフィルムを取り除き、清潔な口内環境を作ります。

一方、ホームケアはご自宅で毎日行う歯磨きや食生活のことであり、正しいブラッシング法や適切な食生活によって良好な口内環境を維持します。


【ホームケア:正しいブラッシング法について】

虫歯・歯周病予防で大切なことはプラークコントロールです。プラーク(歯垢)とは細菌の塊のことで、それをコントロールする鍵となるのがブラッシングです。

ブラッシングは、長く続けることが大切です。すぐに効果が出るわけではありませんが、 長い目でコツコツと行うことで、必ず歯を長持ちさせることになります。

医院にて歯磨きのアドバイスを受け、正しいブラッシングを身に付けてください。
  • 1.  歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。
  • 2.  力を入れすぎず、軽く磨きましょう。
  • 3.  歯ブラシは細かく動かします。
  • 4.  1ヶ所あたり10回~20回程度、磨いてください。
【オフィスケア:PMTCについて】

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、専用の機械とペーストを使用して歯のプロが行うお口のクリーニングです。

普段の歯磨きでは届きにくい歯の裏側や奥歯、また歯と歯の隙間などを丁寧に清掃し、虫歯や歯周病を未然に防ぎます。

また、当院ではご希望の方へエアフローと呼ばれる機器を使用し、歯の表面に小さなアミノ酸の粒子を吹き付け綺麗に磨き上げていくことで、タバコのヤニや紅茶・コーヒーなどの着色汚れを落としていきます。

POINT 

虫歯や歯周病は細菌感染によって起こります。 歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが成熟して形成される細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。

バイオフィルムは細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、 抗生剤や殺菌剤などの化学療法も効果的ではありません。

PMTCは、このバイオフィルムを除去し、虫歯や歯周病を予防する効果的な方法です。

このように、PMTCは歯の着色汚れ(黄ばみ)や口臭を予防・改善できるメリットもあり、患者様からご好評をいただく当院の診療メニューの1つでもあります。

【除去後】
【除去前】

PMTCの4つの効果

  • 効果1.歯質の強化
    研磨用のフッ化物入りのペーストにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。
  • 効果2.虫歯の予防
    細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、虫歯を予防します。またエナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。
  • 効果3.歯周病の改善・予防
    歯面から歯肉縁上並びに歯肉縁下1~3mmのプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。また歯肉が引き締まってきますので、歯周病、歯肉炎の予防にもつながります。
  • 効果4.審美性の向上
    タバコのヤニや茶シブなどの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。また汚れをつきにくくします。

PMTCの流れ

1. 歯面と歯の隙間の清掃


専用のチップやブラシで清掃し、歯磨きで落ちない歯石や着色を取り除いていきます。

2. 研磨ペースト


ポリッシングをするための、研磨ペーストを塗布します。

3. 歯面の磨き上げ(ポリッシング)


光沢が出てつるつるになるまで優しく丁寧に歯面を磨いていきます。

4. 仕上げのフッ素塗布


最後の仕上げとして、抗菌作用と歯の再石灰化を促す“フッ素”を全体に塗布してPMTCを終了します。 また、必要に応じて適切なホームケアをご提案し、口腔内の清潔な環境をサポートします。

歯を将来に残すための定期検診の重要性 
 〜日本と米国での予防意識の違いとは?〜

多くの人が自分の人生を振り返り、「もっとしておけば良かった」と後悔することのひとつに「歯の予防」があります。

今、それほどまでに予防歯科は注目されている歯科診療の分野と言えます。

厚生労働省の調査によると、80歳の日本人の平均残存歯数(残っている歯の本数)は6.8本。これは、アメリカの85歳15.8本を大きく下回る結果です。

この違いには一体どういった理由があるのでしょうか?

2014年にライオン株式会社の発表したオーラルケアに関する意識を調査では、「予防歯科」の考え方が一般的に根付いている欧米では、自宅での歯のケアの方法や、歯科医に対するイメージが、日本とは全く異なる事が分かっています。

予防歯科における「知識への理解」と「実践」の違い

アメリカでは約6割の人が予防歯科の知識における正しい理解があったことに対し、日本では 20.9%という結果に。

また、予防歯科の“実践”についてはアメリカ人が約7割、日本人が26.2%となっています。

このことから、日本人の「予防歯科」に対する意識は歯科先進国であるアメリカと比べて、まだまだ浸透していないことが分かります。

歯科医院での定期検診の回数の違い

また日本人とアメリカ人の、直近一年間に歯の健康診断を目的として歯科医を受診した回数を聞いた調査では以下のような結果が出ています。

直近1年間に健康診断に行った回数

日本 1度も行っていない 58%2回行った 11%
アメリカ 1度も行っていない 35%2回行った 35%

(参照:ライオン株式会社 2013年に行われた、15~69歳を対象とした日本人1,200人、アメリカ人1,200人へのWEBアンケート結果より)

 

上記の結果を見ても、日本とアメリカでは、歯の予防に対する意識に大きな差があることが分かります。

アメリカ人のように将来に歯を残していくためには「歯の予防管理」が必須

ここまで見てきたように、歯を長く使っていくためにも予防に対する知識と意識を持っていることが何より大切なことが分かるのではないでしょうか。

そして、それを実現するためには、自宅でのお口のケア、そしてブラッシングでは取れないお口の汚れを歯科医院でケアすることが必要不可欠と言えます。

当院では正しいブラッシング方法の指導をはじめ、歯磨きだけでは取り除くことのできない歯石やバイオフィルムを取り除き、清潔な口内環境を保つお手伝いをしています。

将来に歯を残していくためにも、治療後は特に、2~3ヶ月に1度の定期検診にぜひお越しください。

あい歯科医院

所在地

〒251-0016 神奈川県藤沢市弥勒寺 3-12-15
0466-23-0999

診療時間

日祝
午前
午後

午前 / 10:00〜13:00 午後 / 14:30~19:30
休診日: 木曜・日曜・祝日
※受付時間19:00まで